カテゴリー
考え方

「学習」から「実践」へ!大事な例文作り

オリジナルの例文を作ろう!

 習う単元の例文は重要です。論理的で部分的な文型(文法)説明より生きた例文の方が学習者の心に伝わります。また文型説明というのは学習者の母語で書かれた教材やインターネットを検索すればすぐに出てきます。学習者が自分で予習もできるということです。では実際の授業では何が大切なのでしょうか?それは、教師が学習者の生活に寄り添って日本語を教えることです。私達教師しかできないことは学習者一人一人に合った例文作りです。それは教科書に書いてある一般的な例文ではなく、個人的なオーダーメイドの例文です。その学習者にだけ伝わるような例文です。そうすれば生きた日本語を確実に覚えて使うことができます。これこそ教師の創意工夫の1つです。

日記を書いてもらうこと➡教師のトレーニングにもなる

 もう一つ日本語が上達するための有効な手段は学習者に日記を書いてもらうことです。そうすれば彼らの実生活に関係する生きた日本語を使うことができます。これは文型導入後、練習を一通り終えたら宿題としてオススメできます。その際、他の単語や言い回しも日記に登場するので、それもていねいに教えることが大切です。これは教師のトレーニングにもなります。あらかじめ決められた単元や単語しか教えない、又はシラバスに沿うことに重点を置きすぎると言語の自由さを教えることが難しくなってきます。教師の柔軟性は学習者の日記の添削でも鍛えることができるのです。

学習者が私を変えた!

 まだ教師駆け出しの頃、レッスンで学習者と教科書を使って「意向形(volitional form)+とする」 (例:お風呂に入ろうとする、友達に話そうとする、等) の練習をしていました。そのとき学習者がおもむろにコーヒーカップを手に取り、口に運びました。そこで私はすかさず「ストップ!」と大きな声を出しました。私は「それが『飲もうとする』だよ!」と伝えました。すると彼は「そうか!これですね!」と驚き、満面の笑みを浮かべました。淡々と続いた教科書の練習より、学習者の行動に合わせて提示した例文が最強に生きた例文だったのです。

感覚で日本語を理解する

 このレッスン以降、私は以下のことに気づきました。

学習者は感覚で日本語を理解することが大事。

それは教科書にある一般的な例文だけではなく、
 学習者にとっての個人的な例文が必要ということ。

例文作りは教師の創意工夫の訓練になる。

 
 そこで私はできるだけ学習者の行動や日常生活、仕事や趣味に合わせた例文をつくることを心がけてきました。例えばIT関係の仕事に就いている人にはAIやテクノロジーに関する語句(カタカナでいけますね)を例文に取り入れたり、お子さんがいる人には学校行事に関する内容の例文を作ったりなど、彼らの身近にある物事を使った例文は明日にも話せる実践的な日本語です。
 また「学習」という概念をなるべくなくすためにも彼らに最近の出来事について夢中になって話してもらうというレッスンも行っています。そのとき教師はただ聞いているのではなく、習った日本語を取り入れてもらうように促すことが大切です。これは先ほどの日記と同じで教師の柔軟性を養う訓練にもなります。教科書での基礎学習は必要ですが学習者は(教師も!)機械的にそれをこなすという状況に陥ることがあります。そうではなく何のために日本語を習っているのか?という目的を意識して生きた日本語を使えるようにすることが教師の役目です。

 まずは学習者の好きなことを使って簡単な例文づくりから始めてみませんか?

カテゴリー
考え方

なぜ間接法が必要?

学習者のストレスフリーを目指そう!

 レッスン中、学習者からの質問に対してわかりやすい回答をすることを第一に心がけるべきです。無理をして全ての言動を日本語で通す理由は何もありません。学習者のレベルに合わせてやさしい日本語で話しかけることは大前提ですが、ちょっと複雑な説明をしなければならないときは、英語(又は学習者の母語など)で話した方が、学習者に寄り添ったレッスンとなります。日本語のレッスンなのだから、日本語を話さなければならないという縛りは全くありません。それはかえって学習者を混乱させたり、質問の回答を正確に受け取れない可能性があります。

学習者の生活環境を考えよう

 日本に住んでいる日本語学習者の生活環境を考えてみましょう。例えば、学習者の職場についてはどうでしょうか?同僚や上司がほとんど日本人で日本語を話す環境か、又は外資系の企業で職場ではほとんど英語やその他の言語を話すなど、それぞれ学習者の環境は異なります。もちろん、家族や友達、恋人などプライベートな時間のコミュニケーションは日本語が多いのでしょうか?それとも他の言語なのでしょうか?

 このように考えると、日本に住んでいても実際の生活ではあまり日本語を使っていない環境にいる人もたくさんいます。
そして、どのような生活環境にいようとも、日本語を学びたい人がたくさんいるのです。日本語を学ぶ目的も様々ですので、教師は学習者一人一人のレベルに合わせてレッスン内容を工夫する必要があります。

学習時間を考えよう

 日本語を学びたいという学習者の気持ちを真摯にくみ取って学習者に寄り添う。それは彼らの学習可能時間の考慮にもつながります。例えばプライベートレッスンでは忙しいビジネスマンとのレッスンがとても多いです。彼らの場合、レッスンは1週間に1回1時間のレッスンが多いです。このような状況で、レッスン中、教師は日本語だけを話すことに集中する必要は決してありません。日本に住んでいても英語がメインのビジネスマンもたくさんいます。毎日が英語脳になっている学習者に週1回1時間だけ日本語脳にさせることは正直至難の業です。それでも彼らは日本語を学びたくてレッスンを受けに来るのです。教師の役目は彼らの受け皿となって少しずつ日本語を教えて上達させること、それこそがプロの教師と言えます。

臨機応変に!

 まずは学習者が日本語を理解することが大事です。例えば、学習者が英語圏出身の場合、文型やフレーズの大事なポイントを簡単な英語でポンっと指し示すだけで、彼らの日本語の理解度は深まり、自然と脳に日本語が入ります。このようにして日本語への入り口を学習者のわかりやすい言語で開放させてみましょう。だらだらと長い説明を日本語でするよりも、シンプルな英語を使うほうが一番効率的でわかりやすくなります。ただし、英語ばかりになってしまっては本末転倒です。あくまでも日本語をメインとして、臨機応変に英語も取り入れてみましょう。そして日本語と英語の文の構造は全く異なりますので、「訳す」という観点では注意が必要です。その内容はこちら『間接法のコツ① 訳し方」をご覧ください!