カテゴリー
考え方

「学習」から「実践」へ!大事な例文作り

オリジナルの例文を作ろう!

 習う単元の例文は重要です。論理的で部分的な文型(文法)説明より生きた例文の方が学習者の心に伝わります。また文型説明というのは学習者の母語で書かれた教材やインターネットを検索すればすぐに出てきます。学習者が自分で予習もできるということです。では実際の授業では何が大切なのでしょうか?それは、教師が学習者の生活に寄り添って日本語を教えることです。私達教師しかできないことは学習者一人一人に合った例文作りです。それは教科書に書いてある一般的な例文ではなく、個人的なオーダーメイドの例文です。その学習者にだけ伝わるような例文です。そうすれば生きた日本語を確実に覚えて使うことができます。これこそ教師の創意工夫の1つです。

日記を書いてもらうこと➡教師のトレーニングにもなる

 もう一つ日本語が上達するための有効な手段は学習者に日記を書いてもらうことです。そうすれば彼らの実生活に関係する生きた日本語を使うことができます。これは文型導入後、練習を一通り終えたら宿題としてオススメできます。その際、他の単語や言い回しも日記に登場するので、それもていねいに教えることが大切です。これは教師のトレーニングにもなります。あらかじめ決められた単元や単語しか教えない、又はシラバスに沿うことに重点を置きすぎると言語の自由さを教えることが難しくなってきます。教師の柔軟性は学習者の日記の添削でも鍛えることができるのです。

学習者が私を変えた!

 まだ教師駆け出しの頃、レッスンで学習者と教科書を使って「意向形(volitional form)+とする」 (例:お風呂に入ろうとする、友達に話そうとする、等) の練習をしていました。そのとき学習者がおもむろにコーヒーカップを手に取り、口に運びました。そこで私はすかさず「ストップ!」と大きな声を出しました。私は「それが『飲もうとする』だよ!」と伝えました。すると彼は「そうか!これですね!」と驚き、満面の笑みを浮かべました。淡々と続いた教科書の練習より、学習者の行動に合わせて提示した例文が最強に生きた例文だったのです。

感覚で日本語を理解する

 このレッスン以降、私は以下のことに気づきました。

学習者は感覚で日本語を理解することが大事。

それは教科書にある一般的な例文だけではなく、
 学習者にとっての個人的な例文が必要ということ。

例文作りは教師の創意工夫の訓練になる。

 
 そこで私はできるだけ学習者の行動や日常生活、仕事や趣味に合わせた例文をつくることを心がけてきました。例えばIT関係の仕事に就いている人にはAIやテクノロジーに関する語句(カタカナでいけますね)を例文に取り入れたり、お子さんがいる人には学校行事に関する内容の例文を作ったりなど、彼らの身近にある物事を使った例文は明日にも話せる実践的な日本語です。
 また「学習」という概念をなるべくなくすためにも彼らに最近の出来事について夢中になって話してもらうというレッスンも行っています。そのとき教師はただ聞いているのではなく、習った日本語を取り入れてもらうように促すことが大切です。これは先ほどの日記と同じで教師の柔軟性を養う訓練にもなります。教科書での基礎学習は必要ですが学習者は(教師も!)機械的にそれをこなすという状況に陥ることがあります。そうではなく何のために日本語を習っているのか?という目的を意識して生きた日本語を使えるようにすることが教師の役目です。

 まずは学習者の好きなことを使って簡単な例文づくりから始めてみませんか?

カテゴリー
SNS

YouTube新エピソード配信!

Episode 7 名詞の説明は名詞の前に!

 PJLでは、間接法を用いて日本語をわかりやすく解説しています。YouTube配信もその一環です。「かゆいところに手が届く」説明を心がけ、初めて習う人やもう一度復習したい人、全ての学習者向けに作られています。

 2021年5月からアニメシリーズ開始

 今年から様々な単元を学習者にわかりやすくお伝えするためにYouTubeにてアニメシリーズを始めました。学習者にとって特に間違えやすい項目を取り上げており、学習者、教師共に「そうそう、それそれ!」と、つい言ってしまいそうな内容になっています。

 スクリプト作成、英訳、声、イラスト、アニメ編集の全てをPJLの教師陣が担当していますので、日本語学習の隅から隅まで網羅した内容を一つ一つていねいに制作しています。

是非、ご覧ください!

カテゴリー
間接法のコツ

「行く必要がある。」???

日常会話の重要性

 ビギナーレベルの学習者は日常生活で使う日本語をいち早く知りたいので、「○○は日本語で何ですか?」とたくさん質問してくれます。その中でよく聞かれる文があります。

「”I need to go.”は日本語で何ですか?」

さて、この文に相当する日本語は何でしょうか?

“need”=「必要」だから、
「行く必要がある(あります)。」でいいでしょうか?

日常会話を理解しよう

 言語の基本的な意味をしっかり理解していれば、間接法はとても有効な言語学習手段ですので、この方法を取り入れて日本語を教えるのであれば、まず“I need to …”という文が英語では日常茶飯事の会話文だということを理解しておく必要があります。

 ということは、この文に相当する日本語も日常でよく使われるものが妥当ということになります。

“I need to go.” = 「行かないといけません。」

他に、

「行かないと。」
「行かなくちゃ。」

などもあります。

 これらの日本語であれば、学習者が日常で使いたい会話文としての日本語になります。実際に日本人との会話において、学習者はスピーキングとリスニング共にスムーズに理解できるようになります。

 ”I need to…”を「…必要がある(あります)。」と教えることが間違いということではありません。ビジネス日本語やライティング(記事や説明文など)では、「…必要がある」という表現もよく使われていますね。

 大事なことはいつ、どこで、だれに、どのように使うのかを考えて的確な日本語を学習者に伝えるということです。

じゃ、”I have to go.”は何て言うの?

 こちらも「行かないといけない(いけません)」ですね。
確かに”need to go”と”have to go”は英語としては違う表現です。ここで英文法を細かく分析してもいいのですが、そうではなくて日本語で日常会話をスムーズにできるかどうかが焦点となる場合は、教師は思い切ってどちらのフレーズも「行かないといけない」と教えても問題ないと思います。論理的ではなく実践的な表現力の一部として学習者に伝えることが大事です。

もしくは、日本人は日常会話で”I have to …”をよく使う言語だとも言えるでしょう。

説明や補足は必要

 以前、ある学習者が持参した教科書に載っていた日本語は
日常会話とは程遠い日本語のオンパレードでした。
間違ってはいない…のですが、日本人が普段使う会話文ではありませんでした。その教科書に、
“I need to …”   「…必要がある(あります)。」
が記載されていたのです。

どのようなときに使うのがベストか、説明は何も書いてありませんでしたので、その学習者は日常会話で使える日本語だと思っていました。

何度も言いますが、このような例文が決して間違った日本語ということではありません。ですが、教師がこれをよしとしてその学習者が日常でこの文を多用したらやはり違和感があると私は思います。

 ここで大事な考え方があります。教師は教科書の評価をするのではなく、実用的な日本語の説明や補足を学習者にきちんと伝えることです。どのような教材の例文でも絶好の説明チャンスです!ただし、盛沢山の内容説明にならないように!特にビギナーレベルの学習者は混乱してしまうのでちょっとずつ小出しに説明できればいいですね。

そうして現代の生きた日本語を使うレッスンを心がけましょう。

カテゴリー
考え方

なぜ間接法が必要?

学習者のストレスフリーを目指そう!

 レッスン中、学習者からの質問に対してわかりやすい回答をすることを第一に心がけるべきです。無理をして全ての言動を日本語で通す理由は何もありません。学習者のレベルに合わせてやさしい日本語で話しかけることは大前提ですが、ちょっと複雑な説明をしなければならないときは、英語(又は学習者の母語など)で話した方が、学習者に寄り添ったレッスンとなります。日本語のレッスンなのだから、日本語を話さなければならないという縛りは全くありません。それはかえって学習者を混乱させたり、質問の回答を正確に受け取れない可能性があります。

学習者の生活環境を考えよう

 日本に住んでいる日本語学習者の生活環境を考えてみましょう。例えば、学習者の職場についてはどうでしょうか?同僚や上司がほとんど日本人で日本語を話す環境か、又は外資系の企業で職場ではほとんど英語やその他の言語を話すなど、それぞれ学習者の環境は異なります。もちろん、家族や友達、恋人などプライベートな時間のコミュニケーションは日本語が多いのでしょうか?それとも他の言語なのでしょうか?

 このように考えると、日本に住んでいても実際の生活ではあまり日本語を使っていない環境にいる人もたくさんいます。
そして、どのような生活環境にいようとも、日本語を学びたい人がたくさんいるのです。日本語を学ぶ目的も様々ですので、教師は学習者一人一人のレベルに合わせてレッスン内容を工夫する必要があります。

学習時間を考えよう

 日本語を学びたいという学習者の気持ちを真摯にくみ取って学習者に寄り添う。それは彼らの学習可能時間の考慮にもつながります。例えばプライベートレッスンでは忙しいビジネスマンとのレッスンがとても多いです。彼らの場合、レッスンは1週間に1回1時間のレッスンが多いです。このような状況で、レッスン中、教師は日本語だけを話すことに集中する必要は決してありません。日本に住んでいても英語がメインのビジネスマンもたくさんいます。毎日が英語脳になっている学習者に週1回1時間だけ日本語脳にさせることは正直至難の業です。それでも彼らは日本語を学びたくてレッスンを受けに来るのです。教師の役目は彼らの受け皿となって少しずつ日本語を教えて上達させること、それこそがプロの教師と言えます。

臨機応変に!

 まずは学習者が日本語を理解することが大事です。例えば、学習者が英語圏出身の場合、文型やフレーズの大事なポイントを簡単な英語でポンっと指し示すだけで、彼らの日本語の理解度は深まり、自然と脳に日本語が入ります。このようにして日本語への入り口を学習者のわかりやすい言語で開放させてみましょう。だらだらと長い説明を日本語でするよりも、シンプルな英語を使うほうが一番効率的でわかりやすくなります。ただし、英語ばかりになってしまっては本末転倒です。あくまでも日本語をメインとして、臨機応変に英語も取り入れてみましょう。そして日本語と英語の文の構造は全く異なりますので、「訳す」という観点では注意が必要です。その内容はこちら『間接法のコツ① 訳し方」をご覧ください!



カテゴリー
間接法のコツ

“can”って日本語で何ですか?

早合点は禁物!

レッスン中のフリートークでは、日本語学習者から英語を交えていろいろな質問が飛び出ます。例えば、

学習者 「”can”って日本語で何ですか?」

この学習者にとっては未習事項です。皆さんはどう答えますか?

1.「できます/できる」と答える。
2.「カン(缶)」と答える。
3. 答えられない。

正解は、

3.答えられない。

です。
というか、即答はできないはず。
(もしかしたら、2.「カン(缶)」かもしれませんが…。)
学習者がどんな文を言いたいのか、わからないからです。

“can”の日本語は複数ある

教師 「例えばどんな文?」

学習者 「”I can speak Japanese.”です。」

ここでようやく教師は答えられます。

(私は)日本語を話すことができます

 又は


(私は)日本が(を)話せます

第一回目のブログでも触れていますが、
日本語で”can”に相当する(断定できる)単語はありません。
“can”は助動詞の一つで様々な文型で使われているため、すんなりと日本語で訳せるような単語ではないということです。
例えば学習者が意図している”can”が以下の文脈だったらどうでしょうか?

Can I go to a restroom?

トイレに行ってもいいですか

「できる」のような可能形ではなく許可を得るための文脈になっていますね。このように単語を含む文全体を確認した上でないと、回答することは難しいです。
単語のみでもすぐに回答できそうなのは名詞です。【apple =りんご】のように物の名称なら、単語のみを回答しても問題なさそうです。

ということで学習者から英語を使って単語や文型の質問をされた場合は、焦らず、先走らず、必ず文全体(文脈)を確認してから回答しましょう。

カテゴリー
間接法のコツ

訳し方

間接法のコツは、ズバリ意訳と直訳!

学習者「“Can I go to a restroom?”は日本語で何ですか?」

教師「『トイレに行ってもいいですか?』ですよ。」

 とりあえず教師の回答はこれでいいと思いますが、これは英語から日本語へ意訳で解釈した上での返答です。

日本語を教えるとき、英語を媒介語とするなら、
意訳と直訳でしっかり日本語の意味と文型の仕組みを伝えることが大事です。
(今回は訳に焦点を当てているので、細かい文法説明は割愛しています。)

”Can I ~?”と『~てもいいですか?』は同じ文型?

 ”Can I ~?”と『~てもいいですか?』は言っていることは同じですが、文の構造は全く違います。このように2つの異なる言語において「意味」「文の構造」が同じ視点から捉えられない場合が多くあります。
なので間接法では以下のことを意識しなければなりません。

意味が中心の訳 ➡ 意訳

文の構造が中心の訳 ➡ 直訳

「トイレに行ってもいいですか?」に相当する直訳は

Is it ok to go to a restroom?

です。


意訳と直訳をまとめると、以下のようになります。

意訳: Can I go to a restroom?

直訳: Is it ok to go to a restroom?

 今回の文は「相手に許可を得るための文型」で、これを教える際に必要な英単語は“can”ではなく“ok”です。

学習者からの質問の回答には直訳バージョンも一言付け加えておくと学習者にとって非常に有効です。

間接法を使ってきちんと学習者に日本語を伝えたいときは、教師が意訳と直訳の両方を理解することが重要ですね。