カテゴリー
間接法のコツ

間接法のコツ②
“can”って日本語で何ですか?

早合点は禁物!

レッスン中のフリートークでは、日本語学習者から英語を交えていろいろな質問が飛び出ます。例えば、

学習者 「”can”って日本語で何ですか?」

この学習者にとっては未習事項です。皆さんはどう答えますか?

1.「できます/できる」と答える。
2.「カン(缶)」と答える。
3. 答えられない。

正解は、

3.答えられない。

です。
というか、即答はできないはず。
(もしかしたら、2.「カン(缶)」かもしれませんが…。)
学習者がどんな文を言いたいのか、わからないからです。

“can”の日本語は複数ある

教師 「例えばどんな文?」

学習者 「”I can speak Japanese.”です。」

ここでようやく教師は答えられます。

(私は)日本語を話すことができます

 又は


(私は)日本が(を)話せます

第一回目のブログでも触れていますが、
日本語で”can”に相当する(断定できる)単語はありません。
“can”は助詞の一つで様々な文型で使われているため、すんなりと日本語で訳せるような単語ではないということです。
例えば学習者が意図している”can”が以下の文脈だったらどうでしょうか?

Can I go to a restroom?

トイレに行ってもいいですか

「できる」のような可能形ではなく許可を得るための文脈になっていますね。このように単語を含む文全体を確認した上でないと、回答することは難しいです。
単語のみでもすぐに回答できそうなのは名詞です。【apple =りんご】のように物の名称なら、単語のみを回答しても問題なさそうです。

ということで学習者から英語を使って単語や文型の質問をされた場合は、焦らず、先走らず、必ず文全体(文脈)を確認してから回答しましょう。

カテゴリー
間接法のコツ

間接法のコツ①
訳し方

間接法のコツは、ズバリ意訳と直訳!

学習者「“Can I go to a restroom?”は日本語で何ですか?」

教師「『トイレに行ってもいいですか?』ですよ。」

とりあえず教師の回答はこれでいいと思いますが、これは英語から日本語へ意訳で解釈した上での返答です。

日本語を教えるとき、英語を媒介語とするなら、
意訳と直訳でしっかり日本語の意味と文型の仕組みを伝えることが大事です。
(今回は訳に焦点を当てているので、細かい文法説明は割愛しています。)

”Can I ~?”と『~てもいいですか?』は同じ文型?

”Can I ~?”と『~てもいいですか?』は言っていることは同じですが、文の構造は全く違います。このように2つの異なる言語において「意味」「文の構造」が同じ視点から捉えられない場合が多くあります。
なので間接法では以下のことを意識しなければなりません。

意味が中心の訳 ➡ 意訳

文の構造が中心の訳 ➡ 直訳

「トイレに行ってもいいですか?」に相当する直訳は

Is it ok to go to a restroom?

です。


意訳と直訳をまとめると、以下のようになります。

意訳: Can I go to a restroom?

直訳: Is it ok to go to a restroom?

今回の文は「相手に許可を得るための文型」で、これを教える際に必要な英単語は“can”ではなく“ok”です。

学習者からの質問の回答には直訳バージョンも一言付け加えておくと学習者にとって非常に有効です。

間接法を使ってきちんと学習者に日本語を伝えたいときは、教師が意訳と直訳の両方を理解することが重要ですね。